関西広域連合設立の経緯

 

関西から新時代をつくる。志を同じくする関西の2府5県が結集し、平成22年12月1日、関西広域連合を設立しました。府県域を越える広域連合としては、全国初の取組です。

当初は、防災、観光・文化振興、産業振興、医療、環境保全、資格試験・免許等、職員研修の7分野からのスタートですが、「成長する広域連合」として将来的には、港湾の一体的な管理や国道・河川の一体的な計画・整備・管理等を目指します。とりわけ、国の出先機関の受け皿として、国からの事務、権限の移譲を早急に実現したいと考えています。

関係府県市一丸となって取り組んでまいります。皆様のご支援ご協力よろしくお願いします。 

 
   

 

広域防災

関西全体の連携で防災力を高め住民の安全と安心をもたらします!

広域観光・文化振興

戦略的な観光振興で、さらに魅力ある関西を創出します!

広域産業振興

関西ワイドの産業振興により、アジアの中での競争力を高めます!

広域産業振興 農林水産

農林水産業を関西の産業分野の一翼を担う、競争力ある産業として育成・振興することを目指します!

広域医療

関西全体で広域救急医療連携の更なる充実に取り組み、「安全・安心”関西”」の実現を目指します!

広域環境保全

関西全体で広域の環境保全に取り組み、「環境先進圏“関西”」を目指します!

資格試験・免許等

資格試験・免許等の一元化により、事務の効率化を目指します!

広域職員研修

広域的な視点を持つ職員を育成し、業務執行能力の向上を図ります!

国出先機関事務、権限委譲

「国の出先機関の原則廃止」を踏まえ、関西広域連合は国出先機関の事務、権限の速やかな移譲を国に求めていきます。

 

関西広域連合メールマガジン
 
                     平成23年東日本大震災への関西広域連合の対応           
                     通訳案内士登録業務一元化についてのお知らせ     関西広域連合産業用地情報