広域医療

関西全体を「4次医療圏」と位置づけ、「安全・安心の医療圏”関西”」の実現を目指します

ドクターヘリの配置・運航など、広域的な救急医療体制を充実させるとともに、各地域における医療資源の有機的な連携を図ることにより、医療面での多重的なセーフティーネットの構造を図り、関西全域に「安全・安心の輪」を広げていくことを目指します。

主な取組

関西の府県域を越えた「広域救急体制」の充実に加え、今後、さらなる「広域医療連携」の推進を図るため、「関西広域救急医療連携計画(2018年度~2020年度)」を策定、推進しています。

 各府県の独自配置によって生じる運航範囲・費用負担の重複等を解消し、複数機のドクターヘリが補完し合う相互応援体制の構築を図るため、連合管内ドクターヘリの広域連合への事業移管を計画的に進め、関西全体におけるドクターヘリの効果的・効率的な配置・運航を行います。

広域救急医療体制充実の仕組みづくり

「関西広域救急医療連携計画」策定の中で、救急患者に対する迅速な医療の提供に向けた広域連携のあり方を検討します。

新着情報

この記事に関するお問い合わせ先

関西広域連合広域医療局

〒770-8570
徳島市万代町1 丁目1 番地
徳島県保健福祉部医療政策課内
電話番号:088-621-2399 ファックス:088-621-2898

広域医療局へのお問い合わせはこちら