プラスチック対策検討会

1 概要

世界的な環境課題となっているプラスチックごみの解決には、関西が一体となって取組みを進めなければなりません。
「プラスチックごみ対策の先進地域・関西」を確立するため、プラスチック代替品の開発支援・普及促進、プラスチックごみ散乱・流出抑制等について関西広域での取組みを進め、地域創生を目指します。

2 取組状況

プラスチック代替品の普及可能性調査及びプラスチックごみ散乱状況の把握手法等調査事業

プラスチック対策検討会では、地方創生推進交付金を活用し、「プラスチックごみ対策の先進地域・関西」の確立を目指し、使い捨てプラスチックの削減や代替素材への転換、効果的な発生源対策の実施など、地域の施策の推進に必要な情報や手法の調査・検討を進めています。

令和3年度

令和2年度

プラスチック対策プラットフォーム

プラスチック代替品の普及、プラスチックごみ散乱・流出抑制について、関係する地方公共団体および事業者団体の活動の促進に資する情報共有と意見交換を行うために、プラスチック対策プラットフォームを開催しました。

令和3年度第3回会議

開催日

令和4年3月7日(月曜日)

主なプログラム

1.話題提供

  • 高機能性生分解プラスチック「ポリ乳酸」の活用(協和株式会社)
  • ハンガー業界におけるサステナビリティの取組み(中田工芸株式会社)

2.調査報告

  •  令和3年度プラスチック代替品の普及可能性調査およびプラスチックごみの散乱状況の把握手法等調査事業について

3.情報共有・意見交換

  • 令和3年度の取組事業と令和4年度の新規事業について 

令和3年度第2回会議

関西プラスチックごみゼロシンポジウムとして、広域環境保全局と共催でオンラインにて開催しました。

開催日

   令和3年12月23日(木曜日)

主なプログラム
  1. 事例発表 「脱プラ ライフスタイルに向けた取組み」
  • 株式会社良品計画(小売店からの脱プラのライフスタイルの提案)

  • 傘のシェアリングサービス『アイカサ』(脱プラを実現するためのシェアリングサービスの提供)

  • 大津市企業局(水道事業者からのマイボトルを持ち歩くライフスタイルの提案)

  • 関西広域連合プラスチック対策検討会(様々な主体との連携によるプラスチックごみ削減に向けた取組の推進)

 

     2. パネルディスカッション「ライフスタイルの転換を促すために必要なこと」

         コーディネーター:京都大学大学院地域環境学堂 准教授 浅利美鈴 氏

         パネリスト      :第1部事例発表者および京都大学学生
 

令和3年度第1回会議

開催日

   令和3年11月16日(火曜日)

主なプログラム
  1. 話題提供

    各構成府県の「海岸漂着物等対策推進地域計画」について
    【京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・鳥取県・徳島県より発表】
     
    【京都府】
    京都府海岸漂着物等対策推進地域計画の全体構成(PDFファイル:203.1KB)

    【大阪府】
    「おおさか海ごみゼロプラン」(大阪府海岸漂着物等対策推進地域計画)(概要)(PDFファイル:287.5KB)
    令和3年度ローカル・ブルー・オーシャン・ビジョン推進事業の実施について(環境省)(PDFファイル:800.2KB)
    流入ごみ量推計方法(案)(PDFファイル:153.8KB)

    【兵庫県】
    兵庫県(瀬戸内海・日本海)沿岸海岸漂着物・漂流ごみ等対策推進地域計画 概要(PDFファイル:2.2MB)

    【和歌山県】
    和歌山県海岸漂着物対策推進地域計画について(PDFファイル:3.6MB)

    【徳島県】
    徳島県海岸漂着物対策推進地域計画 概要版(PDFファイル:2.2MB)
     

    【取りまとめ結果】
    アンケート【海岸漂着物等対策推進地域計画の策定と施策の実施状況について】とりまとめ結果(PDFファイル:122.4KB)
     

  2. 報告

    『令和3年度プラスチック代替品の普及可能性調査およびプラスチックごみ散乱状況の把握手法等調査事業について』(PDFファイル:584.1KB)

    『今年度のプラスチック対策プラットフォームの開催予定について』
     

令和2年度第2回会議

開催日

   令和3年3月11日(木曜日)

主なプログラム
  1. 話題提供

    『ペットボトルの「ボトルtoボトル」リサイクルについて』(PETボトルリサイクル推進協議会)

    『カネカ生分解性ポリマーPHBHの開発の取組について』(株式会社カネカ)

     

  2. 調査報告

    『令和2年度プラスチック代替品の普及可能性調査およびプラスチックごみ散乱状況の把握手法等調査事業について(最終報告)』(PDFファイル:3.4MB)
     

令和2年度第1回会議

プラスチックごみゼロシンポジウムとして、広域環境保全局と共催しました。

開催日

   令和2年12月24日(木曜日)

主なプログラム
  1. 有識者による基調講演

    『未来のために知っておきたい、海とプラスチックの話』(大阪商業大学准教授 原田 禎夫)

     

  2. 事業者等による先進事例の紹介

    『リユース食器の活用でごみゼロ大作戦』(NPO法人地球環境デザイン研究所 ecotone)

    『「脱使い捨て」に向けた給水スポットの拡大』(水Do!ネットワーク)
     

  3. 調査報告

    『令和2年度プラスチック代替品の普及可能性調査およびプラスチックごみ散乱状況の把握手法等調査事業について(中間報告)』(PDFファイル:2.4MB)
     

新着情報

この記事に関するお問い合わせ先

関西広域連合プラスチック対策検討会

〒559-8555
大阪市住之江区南港北1丁目14番16号
大阪府環境農林水産部脱炭素・エネルギー政策課

電話番号:06-6210-9549
ファックス:06-6210-9259

プラスチック対策検討会へのお問い合わせはこちら