令和3年3月19日 関西健康・医療創生会議第3回オンラインシンポジウム

開催場所・会場
オンライン方式(ZOOM)(参加無料)
開催日・期間
令和3年3月19日 13:00~15:00
イベントの種類分野
イベント / その他
イベントの詳細
内容

関西健康・医療創生会議第3回オンライン・シンポジウム

「新型コロナ感染症(COVID 19)〜防戦から反転攻勢のフェーズへ~」

 

新型コロナ感染症(COVID-19)は発生以来すでに一年以上が経過し、最近では各種の変異型が出現するなど、あいかわらず現代社会に負の影響を与え続けています。日本にあってもいわゆる第3波が押し寄せ、医療現場はひっ迫した状況が続いています。

しかし一方では、いよいよ国内でワクチン接種が開始され、病態や治療に関して様々な知見が集積されるなど、防戦一方であったこれまでとは違って、いまや新型コロナウイルスに対する反転攻勢のフェーズに立ち至ったことは間違いありません。

こうした状況を踏まえて、関西健康・医療創生会議は、ワクチンや治療薬、最新の医療体制を軸に、昨年に引き続き第3回のオンライン・シンポジウムを開催します。

今回は広く一般の方々にもご参加いただき、社会全体としてこの難局にどう対峙するのか、ご一緒に考える場となれば幸いです。

時 期

2021年3月19日金曜日13時〜15時00分

主 催

関西健康・医療創生会議、NPO法人関西健康・医療学術連絡会

プログラム

 ○開会挨拶:関西広域連合広域医療担当委員(徳島県知事) 飯泉嘉門

 ○基調講演:大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授 宮坂昌之

  「新型コロナ感染症:正しく知るとは?」

 ○パネルディスカッション

 座 長:関西健康・医療創生会議副議長 橋本信夫

          (地方独立行政法人神戸市立病院機構理事長)

パネリスト

 ・大阪大学大学院医学系研究科教授(感染制御学) 朝野和典

 ・和歌山県福祉保健部技監 野尻孝子

 ・神戸市立医療センター中央市民病院感染症科医長 土井朝子

 ・神戸市福祉局担当課長(介護予防担当) 丸山佳子

 ・閉会挨拶:関西健康・医療創生会議議長 井村裕夫(京都大学名誉教授)

開催方式

オンライン方式(ZOOM)(参加無料)

                  ※ 終了後数週間、録画をネット上で公開予定

対象

市民、自治体関係者、医療・福祉関係者、企業関係者

申込み

【申込 先】関西健康・医療創生会議HP http://www.khmic.jp

                または直接下記URLへ

                https://zoom.us/webinar/register/WN_hQq8srWfQtWDFVx72bPEcg

問い合わせ先

関西健康・医療創生会議事務局
(関西広域連合本部事務局イノベーション推進担当(兵庫県企画県民部科学振興課))
  電話 078-362-3335  E-mail:sousei@pref.hyogo.lg.jp

関連ページ

関連イベント

この記事に関するお問い合わせ先

関西広域連合本部事務局イノベーション推進担当

〒650-8567
神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
兵庫県企画県民部科学振興課内
電話番号:078-362-3335 ファックス:078-362-4466

本部事務局イノベーション推進担当へのお問い合わせはこちら