令和2年7月17日 関西健康・医療創生会議緊急オンラインシンポジウム

開催場所・会場
オンラインセミナー
開催日・期間
令和2年7月17日 13:00~15:30
イベントの種類分野
イベント / その他
イベントの詳細
内容

関西健康・医療創生会議緊急オンラインシンポジウム
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の現状と対策」
〜第二波に備えて、何がわかってきたか、どう備えれば良いか〜

新型コロナウイルス感染症については日本では、緊急事態宣言と国民の協力によって、第一の波はほぼ乗り切ることができましたが海外では、膨大な数の感染者、死者が出ており、第二波、第三波への対策が急がれています。
 当会議では、今後の新型コロナウイルス感染症への対策を考えるために、様々な立場で第一波の最前線に立った皆様にお集まりいただき、現場で何が起こっていたか、第二波に備えて、今、何をなすべきかを考える緊急オンラインシンポジウムを開催します。

日 時

令和2年7月17日金曜日13 時〜15 時30 分

◆ 方 法

【開催方式】ZOOM によるオンラインセミナー(事前登録制)

主 催

関西健康・医療創生会議、NPO 法人関西健康・医療学術連絡会

◆ プログラム

(視点)

・医療・行政現場で何が起こっていたか、今 何ができるか、今後どう備えるべきか
・新しい感染症に対応するため、どういう人材が必要か、どう育成すべきか
○ 基調講演:神戸市立医療センター中央市民病院・病院長 木原 康樹
「神戸中央市民病院はCOVID-19 との戦いに負けたのか?」
○ 特別講演:北海道大学大学院医学研究院教授 西浦 博
「新型コロナウイルス感染症の流行対策」
○ パネルディスカッション
[座長:京都大学大学院医学研究科教授 中山 健夫]
・大阪大学大学院医学系研究科教授 朝野 和典
※ 大阪府新型コロナウイルス対策本部会議専門家委員
・和歌山県保健福祉部技監 野尻 孝子
・神戸市立医療センター中央市民病院長 木原 康樹
・LINE 株式会社 公共政策担当執行役員 江口 清貴
 

 

対象

自治体(行政、公立病院・保健所)、医療・介護関係者、産業界、一般市民

定員

(事前登録制)

満員になり次第、締め切らせていただきます。

申込み
費用

無料

問い合わせ先

関西健康・医療創生会議事務局
(関西広域連合本部事務局イノベーション推進担当(兵庫県企画県民部科学振興課))
  電話 078-362-3335  E-mail:sousei@pref.hyogo.lg.jp

関連イベント

この記事に関するお問い合わせ先

関西広域連合本部事務局イノベーション推進担当

〒650-8567
神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
兵庫県企画県民部科学振興課内
電話番号:078-362-3335 ファックス:078-362-4466

本部事務局イノベーション推進担当へのお問い合わせはこちら