広域環境保全

広域環境保全

関西全体で広域の環境保全に取り組み、「環境先進圏“関西”」を目指します!

 京都議定書に続く新たな枠組みや名古屋議定書などを踏まえ、関西でのこれまでの取組の経験や蓄積を活かしながら、関西共通又は府県を越えて共通する広域的課題に対処していくことにより、関西を環境先進地域とすることを目指します。

主な取組

「関西広域環境保全計画」の策定・推進

 関西における環境分野の広域的課題に対処していくため、目指すべき姿や施策の方向性、取り組むべき施策等を定めた「関西広域環境保全計画」を策定しました。

 この計画では、「地球環境問題に対応し、持続可能な社会を実現する関西」を目標に、様々な主体とともに関西全体で広域的な環境保全に取り組んでいくこととしています。

温室効果ガス削減のための広域取組

(住民・事業者啓発事業、次世代自動車普及促進事業 他)

 温室効果ガスの排出削減に係る住民や事業者に対する啓発事業や、次世代自動車の普及促進に向けた広域的な取組を行うことにより、温室効果ガスの削減を図ります。

住民・事業者啓発事業について

  • 関西エコオフィス宣言事業所の募集

次世代自動車普及促進事業について

  • 次世代自動車広報リーフレット
  • EV充電器・FCV水素ステーションの位置等の情報
  • EV・PHV・FCV写真コンテスト

クレジットの広域活用について

自然共生型社会づくり

府県を越えた鳥獣保護管理の取組(カワウ対策)

 府県をまたがり広域的に移動し被害を与えている野生鳥獣のうち、近年特に被害が深刻化しているカワウについて、モニタリング調査(生息動向調査等)、被害防除に関する事例調査研究等を実施し、これを踏まえカワウ広域保護管理計画を策定するとともに、構成団体が協調して実施する効果の高い被害対策等について検討します。

ニホンジカ等の広域的な鳥獣対策の推進

 ニホンジカや外来獣等を中心とした鳥獣による被害が深刻化していることから、被害状況の把握や広域的な捕獲体制の検討、モデル地域での実践などにより、より効果的・効率的な被害対策、人材の育成を図ります。

「アライグマ防除マニュアル」の5ページ(圏内のアライグマの捕獲数の推移を示す図)に誤りがありました。お詫びして、訂正します。

生物多様性に関する情報の共有・一元化と流域全体での生態系サービスの維持・向上

 森・川・海のつながりを重視し、府県域を越えた流域全体で生物多様性を保全・確保することで、生態系サービスの維持・向上を図ります。

 循環型社会づくり

 マイバッグ持参運動の推進など3R等の推進に向けた統一的な啓発を行うことにより、廃棄物の発生抑制を図るとともに、循環型社会形成に向けたライフスタイルへの転換を図ります。

「おでかけにいつも携帯マイバッグ動画コンテスト」優秀作品が決定しました!

 買物のために特別にマイバッグを持参するという従来の行動から一歩前進し、携帯電話や財布と一緒に常にマイバッグを持って行く「マイバッグ携帯」を普及するため、啓発動画を募集し、この度、優秀作品が決定しました。

 詳しくは下記リンクをご覧ください。

「マイボトルスポットMAP」が完成しました!

関西広域連合では、使い捨て容器の削減を目指してマイボトルの推進に取り組んでいます。

このたび、マイボトルを利用できる店舗を掲載する「マイボトルスポットMAP」が完成しました。

外出先でも検索できるようにスマートフォンにも対応していますので、ぜひご利用ください。

 募集中! マイボトルに飲料を提供されている事業者の方で、掲載を希望される方はぜひ情報をお寄せください!

連絡先:下記リンクよりお送りください。

循環型社会づくりシンボルロゴマークが決定しました!

  関西地域全体でごみ減量への取組など循環型社会づくりへの機運を高めるため、広域連合に参加する府県市で統一して使用するロゴマークが決定しました。

循環型社会づくりシンボルロゴマーク

詳しくは、下記リンクをご覧ください。

環境人材の育成

幼児期の環境学習推進事業

 滋賀県が開発した幼児期の環境学習プログラムを参考に、広域環境保全局の構成府県市(滋賀県、京都府、京都市、大阪府、大阪市、堺市、兵庫県、神戸市、和歌山県、徳島県)にて、「幼児の自然体験型保育研修会」を実施しています。

琵琶湖に触れよう~沖島地引き網体験、琵琶湖博物館見学~

平成27年に制定された琵琶湖の保全及び再生に関する法律により、琵琶湖は「国民的資産」と位置付けられました。

琵琶湖を舞台に、日本でただ1つ淡水に浮かぶ人が住む島、沖島で地引き網体験を行い、この7月にリニューアルしたばかりの琵琶湖博物館を見学する、琵琶湖に触れる1日を過ごしてみませんか。

ぜひお申し込みください!

8月11日に予定どおり実施しました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

学習船「うみのこ」親子体験航海

 滋賀県がもつ学習船「うみのこ」には、これまで51万人以上の滋賀県の小学5年生が児童学習航海で乗船しました。

 今年度新しくなった「うみのこ」に親子で乗船し、全身で琵琶湖を体感しつつ、楽しく体験活動が行えるプログラムとなっておりますので、是非ともご参加ください。

平成30年度の募集は終了しました。多数のお申し込みありがとうございました。

厳正に抽選を行い、当選者には平成30年9月18日に確認メールをお送りしております。

9月20日13時までに確認メールの返信がない場合は、キャンセルとさせていただきますので、ご了承ください。

なお、ご連絡のメールは当選者の方のみにお送りしています。

天神崎自然観察教室

 和歌山県田辺市の天神崎は、日和山を中心とする緑豊かな丘陵部と干潮時に顔を出す平らな岩礁で形成されていて、陸の動植物と海の動植物が平たい岩礁をはさんで同居し、森・磯・海の三者が一体となって一つの生態系を作っています。また、日本におけるナショナルトラスト運動の先駆けの地でもあります。
 その天神崎で自然観察と環境保護についてたのしく学べる自然観察教室を開催いたします。

募集期間は終了しました。多数のお申し込みありがとうございました。

予定どおり5月19日(土曜日)に自然観察教室を実施します。

「水辺」に親しむ取組および「水辺」の保全の取組について

平成30年(2018年)の夏(7・8月)を中心に実施される「水辺」に親しむ取組および「水辺」の保全の取組の一覧を掲載します。ぜひ、ご参加ください!!

新着情報

この記事に関するお問い合わせ先

関西広域連合広域環境保全局

〒520-8577
大津市京町4 丁目1 番1 号
滋賀県琵琶湖環境部環境政策課内
電話番号:077-522-5664 ファックス:077-522-5664

広域環境保全局へのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。