平成28年1月29日 平成27年度関西広域応援訓練の実施概要

 大規模広域災害時における広域連合、構成団体、連携県の応援・受援に係る活動の内容や手順の確認と課題の抽出を行い、相互の連携強化や災害対応能力の向上を図ることを目的に「関西防災・減災プラン」に基づく関西広域応援訓練(図上訓練)を実施します。

1.訓練日時

平成28年2月3日(水曜日)午前9時30分~午後5時

2.訓練場所

京都府庁(メイン会場)、その他参加府県市庁舎

3.参加機関(23機関約100名)

  • 関西広域連合、京都府、京都市
  •  滋賀県、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、徳島県、鳥取県、福井県、三重県、大阪市、堺市、神戸市
  • 九州地方知事会、関東九都県市
  • 国土交通省近畿運輸局
  • 京都府トラック協会、京都倉庫協会、ヤマト運輸株式会社、佐川急便株式会社、京都生活協同組合

4.訓練想定

京都府南部を震源とするマグニチュード7.5の直下型地震が発生し、京都市域を中心に甚大な被害が発生した。

5.実施方法

  1. ロールプレイング方式により、プレイヤーはコントローラーから付与された情報をもとに、状況判断を行い対応にあたる。 
  2. ホームステーション方式により、それぞれの庁舎等に災害対策(支援)本部等を設置して訓練を実施する。

6.訓練の内容

  1.  関西広域連合及び関西圏域の各府県市と被災府市の間で応援・受援に関する訓練を実施し、大規模広域災害時の広域応援の主要な課題である緊急物資の供給を中心に行う。

被災府

京都府

応援府県

滋賀県、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、徳島県、鳥取県、福井県、三重県

被災市

京都市

応援市

大阪市、堺市、神戸市

  1. 応援府県市は、関西広域応援・受援実施要綱に基づき、緊急派遣チームを被災府市庁に派遣するとともに、被災府庁に現地支援本部、被災市庁に現地連絡所を立ち上げて応援を行う。
  2. 応援要請の内容に応じて、広域ブロック(九州地方知事会、関東九都県市)との広域的な調整を経て物資を確保し、避難所等へ届くまでの流れを確認する。
  3. 関西広域連合と被災府市、応援府県市災害対策支援本部との間でテレビ会議を行う。

7.訓練スケジュール

午前9時~午前10時

オリエンテーション

午前10時~正午

フェーズ1  発災後3時間~3日目までの状況の訓練

午後1時10分~午後4時30分

フェーズ2  発災後4日目及び5日目の状況の訓練

午後4時30分~午後5時

外部検証員による講評(人と防災未来センター研究主幹 宇田川 真之)

8.協賛企業

富士通ネットワークソリューションズ株式会社、シスコシステムズ合同会社

この記事に関するお問い合わせ先

関西広域連合広域防災局

〒650-8567
神戸市中央区下山手通5 丁目10 番1 号
兵庫県企画県民部 防災企画局防災企画課内
電話番号:078-362-9815 ファックス:078-362-9839

広域防災局へのお問い合わせはこちら