平成23年5月16日 第1回関西広域防災計画策定委員会を開催しました

 お知らせ

関西広域連合では、関西全体の安全・安心を向上させ、“危機に強く、防災・減災のモデルとなる関西”を実現するため、東南海・南海地震や近畿圏直下型地震等の発生による広域災害に対し、関西がとるべき対応方針や具体的な連携体制等を定めた「関西広域防災計画」の策定を進めています。 5月16日、本計画の策定にむけた第1回目の委員会を開催しました。 冒頭、広域連合長(広域防災担当委員)である、井戸敏三 兵庫県知事は、委員に対し、「東海・東南海・南海地震では、非常に広い範囲が被災するため、事前にシナリオを用意しておかないと混乱する。いざという時に的確に行動できる準備が必要である。関西の安全安心の基本となる計画について議論いただきたい。」と述べました。 本計画は、来年2月までの策定を予定しており、引き続き検討を進めてまいります。  

第1回関西広域防災計画策定委員会
第1回関西広域防災計画策定委員会
この記事に関するお問い合わせ先

関西広域連合広域防災局

〒650-8567
神戸市中央区下山手通5 丁目10 番1 号
兵庫県企画県民部 防災企画局防災企画課内
電話番号:078-362-9815 ファックス:078-362-9839

広域防災局へのお問い合わせはこちら