【イベント】平成31年1月24発表 「メディカル ジャパン 大阪」にてブース出展・セミナーを開催します!

関西広域連合は、関西の強みである医療・ライフサイエンス分野の産業ポテンシャルのPRやイノベーションの創出を目指し、インテックス大阪で開催される第5回 医療と介護の総合展[大阪](通称:メディカル ジャパン 大阪)に、関西広域連合ブース「関西バイオクラスター」を出展するとともに、マッチングセミナー等を開催します。
ブースでは、産学官連携で実現した製品・試作品32点の実物展示を行います。また、映像やパネルなどにより、関西の先進的・革新的な研究・技術開発、プロジェクトに加え、日本、さらには、世界をリードする国内最大級のバイオクラスターについて、わかりやすく紹介します。あわせて、医療機器分野参入を目指す企業への個別相談や、医療機器分野参入促進セミナーなども行います。
さらに、関西が誇る再生医療や創薬などの分野に強みを持つ研究機関や、先進的な治療を行っている医療機関への施設見学ツアーも予定しています。
また、「関西広域連合特別セミナー」として、「メディカル ジャパン大阪」と同時開催される「第5回 再生医療産業化展」において、中之島における未来医療国際拠点についての講演を行います。
医療・ライフサイエンス分野に興味をお持ちの企業、医療関係者、病院関係者など多くの方のご来場をお待ちしております。

■第5回 医療と介護の総合展[大阪](通称:メディカルジャパン 大阪)(概要)

病院運営支援/医療機器・設備/医療IT/地域包括ケア/介護・看護用品/医療機器開発と、専門分野に分かれた6展で構成され、これらに関わるあらゆる製品・技術・サービスが一堂に出展する医療と介護の両分野を網羅する総合展です。

【開催概要】

展示会名  第5回 医療と介護の総合展[大阪](通称:メディカルジャパン 大阪)
日 時  平成31年2月20日水曜日~22日金曜日10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
場 所 インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5-102)
主 催  リード エグジビジョン ジャパン株式会社
特別協力 関西広域連合
開催規模
(主催者見込)
出展社数:780社、来場者数:30,000名

 詳細はこちら https://www.medical-jpn.jp/ja-jp.html

■関西広域連合ブース(概要)

場 所 インテックス大阪 5号館(ブースNo.12-16)
小間数 24小間(縦13.2m×横15m)
展示内容 1. 産学官連携による製品・試作品の展示 (別紙1参照)
  産学官連携で実現した製品・試作品を32点展示。
2. 先進的・革新的な取組の紹介(別紙1参照)
  域内の先進的・革新的な研究・技術開発、プロジェクトを日替わりで紹介。
3. 関西のバイオの強み・ポテンシャルの紹介
  国内最大級のバイオクラスター「関西バイオクラスター」などの紹介。
4. 関西広域連合及び先端的研究機関等の紹介
  関西広域連合の取組などをパネルで紹介。
5. 海外向けPR
  関西バイオクラスターや関西広域連合の取組を英語の映像・パネルで紹介。
6. 研究成果企業化促進セミナーの紹介
  5号館内セミナー会場B・Cで実施する30本の研究成果企業化促進セミナーのプログラム・内容を紹介。
ブース内セミナー 医療機器分野参入促進セミナーや関西の先進的・革新的な取組を紹介。
 [申込不要、参加費無料]  (別紙2参照)
医療機器
相 談
医療機器分野への参入や医療機器開発、製造販売を支援するため、専門相談員が薬事関連をはじめとする様々な相談に対応。

※展示内容は変更になる場合があります。予めご了承ください。

詳細はこちら http://www.kouiki-kansai.jp/koikirengo/jisijimu/sanshin/medicaljapan/medicaljapan.html

■産学官連携による製品・試作品 「体験エリア」展示紹介

◆疲労ストレス計「MF100」
疲労ストレス計「MF100」は、バイタルセンシングによる「自立神経測定」で自立神経のバランスと機能を客観的数値化することにより、これまで客観的な評価が難しかった「疲労・ストレス度」を簡単に見える化します。測定は検知したバイタルデータをタブレット等を経由してサーバーで解析し、タブレットに表示します。

◆脳活バランサーCogEvo(コグエボ)
脳活バランサーCogEvoは、高次脳機能リハビリ研究から生まれた認知機能アセスメント&トレーニングシステムです。認知機能を「見当識」「注意力」「記憶力」「計画力」「空間認識力」の5側面に分類し、これらの機能を12種類のプログラムで測定することにより、個々の認知機能の特性を推定でき、時系列で測定結果を記録する事で推移を分析することができます。

◆パワーアシストスーツ
パワーアシストスーツは、装着者の動作を補助し、負担を軽減する軽量コンパクトな電動式のスーツです。
表面筋電位などの生体信号を用いずに、股関節の角度と手袋スイッチにより装着者の動作意図を推定して、必要なアシスト力を出力します。10~15Kgの持ち上げを補助するだけでなく、中腰作業姿勢の保持や、傾斜地や重量物運搬での歩行支援、持ち下ろし作業の補助が一つのアシストスーツで行えます。

◆認知症予防に役立つウェアラブル生体センサ
Vitalgram®CTウェアラブル生体センサは装着者の各種生体情報(心電、心拍、呼吸、深部体温、自律神経のバランス度等)を体動情報とともに連続的に収集することができます。システムはそれらデータをサーカディアンリズム(体温リズム、睡眠リズム、運動リズム)の観点から分析して、生活習慣病、うつ病、認知症ほか様々な病気の予防に貢献します。

◆頸胸椎固定用装具Macsfit(マックスフィット)
Macsfit(マックスフィット)は頸椎の手術を行った後に、首を固定するための装具です。後頭部にかかる圧をハンモック構造で分散し、さらに機能性素材を用いることで、皮膚トラブル(発赤や褥瘡)のリスクを軽減しています。また、食事時に顎を固定する部分を倒すことができ、首を固定しながら食事をすることができます。さらに、高さや周径の調整ができるため、様々な体型の方にご使用いただけます。

◆画像診断ナレッジサービス「読影指南」
画像診断ナレッジサービスは、胸部X線、腹部超音波、消化管内視鏡などの画像診断において、大学病院の専門知識や経験を知識情報処理技術を用いて再構築すると共に、それらを多くの医療従事者が利用できるよう開発された画像診断ナビゲーター「Doc.navi」、画像診断シミュレーター「simu.Doc」です。このシステムを臨床現場や人材育成に活用することにより、診断レベルの維持向上・均質化・誤診の減少に繋がることを目指します。

◆脳波シミュレーションツール
脳波シミュレーションツールは、現在の脳波教育の現場における課題(脳波教育に活用できるシミュレーターが存在しなかったため、脳波電極設置の実習は、教員の指導のもと学生同士で行っていた。また、脳波の判読能力の養成のための統一された学習モデルは開発されていない。)を解決するツールです。本ツールの活用により、脳波教育が効率的かつ確実に実施可能になります。今後、疾患脳波のデータベースを活用することにより、本ツールを用いた脳波教育のための学習モデルを確立し、新しい教育用脳波判読システムの開発を目指します。

■施設見学ツアーの実施(関連事業)【別紙3参照】

関西が誇る再生医療や創薬などの分野に強みを持つ研究機関や、先進的な治療を行っている医療機関の見学ツアーが実施されます。(関西広域連合が特別協力)

日程   コース名 行き先
21日木曜日 午前 A-1 理化学研究所計算科学研究センター(R-CCS)
21日木曜日 午後 A-2 医薬基盤・健康・栄養研究所
22日金曜日 午前 B-1 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)【定員に達しました。】
22日金曜日 午後 B-2 大阪医科大学関西BNCT共同医療センター
23日土曜日 午前 C 兵庫県立粒子線医療センター附属神戸陽子線センター

■研究成果企業化促進セミナープログラム(予定)

■医療機器相談 [相談無料・事前予約制]

実施日時 平成31年2月20日水曜日10:50~17:30
            2月21日木曜日10:10~17:30
            2月22日金曜日10:10~16:10
            (※ 1相談あたりの時間は30分となります。)
申込方法 下記URLの申込フォームより必要事項を入力のうえお申込ください。
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201811/D23190220010.html
申込期限 平成31年2月12日火曜日16:00

詳細はこちら http://www.kouiki-kansai.jp/koikirengo/jisijimu/sanshin/iryosodan/iryosodan.html

■関西広域連合 特別セミナー(※「メディカルジャパン大阪」と同時開催される「第5回 再生医療産業化展」において実施)

H31年2月20日水曜日15:30~16:30

再生医療を普遍化するオープンイノベーションプラットフォームとしての日本再生医療学会 一般社団法人日本再生医療学会  再生医療ナショナルコンソーシアム準備室
室長 石井なつき
再生医療をベースとした未来医療の産業化推進に向けた取り組み~中之島における未来医療国際拠点の形成~ 大阪府 商工労働部 成長産業振興室
副理事 池田 純子

詳細はこちら https://reed-speaker.jp/Conference/201902/osaka/top/?id=RMK#technical_session_kansai
 

この記事に関するお問い合わせ先

関西広域連合広域産業振興局

〒559-8555
大阪市住之江区南港北1丁目14番16号
大阪府商工労働部商工労働総務課内
電話番号:06-6614-0950 ファックス:06-6614-0951

広域産業振興局へのお問い合わせはこちら