【お知らせ】平成30年7月9日発表 平成30年7月豪雨災害への「関西広域連合」の対応について

このたびの豪雨で甚大な被害を受けた団体に対し、下記のとおりカウンターパート方式(構成団体ごとに担当する被災県を決める方式)により支援を実施します。

今後、応援団体から被災県に連絡員を派遣し、被災地の状況、ニーズ等を直接把握の上、各種支援を展開します。

なお、今後明らかとなる被害状況等によっては、下記3県以外を支援対象とする場合があります。

関西広域連合の対応

支援体制

「広域連合災害対策支援本部」を設置
(本部長:井戸連合長、副本部長:仁坂副連合長、荒井広域防災副担当委員、久元広域防災副担当委員)
 

支援先

岡山県、広島県、愛媛県

支援方法

構成団体が有する資源等を有効活用し、迅速で効果的かつ継続的な対応を行うため、「カウンターパート方式」による支援を実施

被災県 応援団体
岡山県 兵庫県、鳥取県
広島県 滋賀県、大阪府、和歌山県
愛媛県 奈良県、徳島県

 

この記事に関するお問い合わせ先

関西広域連合広域防災局

〒650-8567
神戸市中央区下山手通5 丁目10 番1 号
兵庫県企画県民部 防災企画局防災企画課内
電話番号:078-362-9815 ファックス:078-362-9839

広域防災局へのお問い合わせはこちら