作るたびに発見がある だから石鹸作りは飽きないし面白いですね作るたびに発見がある だから石鹸作りは飽きないし面白いですね

無添加石鹸 無添加石鹸本舗(兵庫県)

皮膚科医もみとめた肌にやさしい無添加石鹸

「無添加石鹸本舗」ブランドの母体である丸菱石鹸株式会社の創業は1955年。同業者が次々と工業化を進める中でも、生の油から焚き上げる昔ながらの「釜焚き製法」で石鹸作りを続けたのが初代社長でした。やがて、釜焚き製法のできる職人が、国内でも数えるほどになった頃、アトピー性皮膚炎の問題がクローズアップされるにつれて、細々と作り続けていた無添加石鹸が、皮膚科医や消費者クラブなどの口コミで、「肌にやさしい石鹸」として注目されるようになりました。

もともとはクリーニング店向け業務用石鹸を中心に生産していた同社が、個人向け商品の充実のために約15年前から導入したのがコールドプロセス製法。こだわりの油脂や保湿・美容成分を贅沢に配合できる一方、大量生産はできず製造過程は大変デリケートです。

「釜焚きにしてもコールドプロセスにしても、気温や湿度など気象条件や、熱の入り方で出来上がりが全然変わってしまうんです。常に探究する心をもって、一生懸命取り組むしかない。失敗してもあまりくよくよしないことです」と笑うのは、2代目西垣社長。昨年1年間で試作したレシピは200にものぼるといいます。

現在市販の石鹸の大半を占めるのは、海外から大量に安価に輸入した「石鹸素地」を用いて、短時間で生産する機械練り石鹸。その点、厳選した原材料で素地から丁寧に手作りし、じっくり熟成させる無添加石鹸は、敏感肌でも洗い上がりがつっぱらないと評判です。「ここの石鹸以外は肌に合わない」という固定ファンも多く、なかにはオリジナル処方の石鹸を特注する顧客もいるとか。そんな人々の信頼が、何よりの品質の証しです。

無添加石鹸本舗
(丸菱石鹸株式会社)

〒673-0453
兵庫県三木市別所町下石野1108番地393
Tel.0794-82-8202
http://www.mutenka-sekken.com

経験がものをいう釜焚きは3日間つきっきりで見守る

経験がものをいう釜焚きは
3日間つきっきりで見守る

無添加石鹸本舗は、釜焚き製法の中でも、より手間ひまのかかる「水焚き鹸化法」にこだわります。季節、温度、湿度に合わせて火力を調節し、鹸化の状態を目視で的確に判断できる職人は、もはや日本でも数人しかいないとか。保湿成分グリセリンを多く含む肌にやさしい石鹸が生まれます。

コールドプロセス製法はまるでカクテルの調合

コールドプロセス製法は
まるでカクテルの調合

コールドプロセス製法は、熱を加えずに、原料の油と水酸化ナトリウムの反応熱で鹼化させるもの。撹拌後、枠に流し込み、さらに保温して反応をすすめます。原料の油や、そこに加える美容成分の持ち味を生かした石鹸ができる一方、反応熱のコントロールなどに、熟練を要します。

扇モチーフの折りひだは京都の粋をモダンに表現

ゆっくり自然乾燥させることで
アルカリ成分がマイルドに

釜焚き製法でもコールドプロセス製法でも欠かせないのが自然乾燥。固まった石鹸を枠から取り出し、カットしてから、種類に応じて数十日~数か月かけて乾燥させます。じっくり寝かせることで、アルカリ成分がマイルドになり、使用感がよくなるとか。手作りならではの質感も味わい。

無添加石鹸 - 無添加石鹸本舗(兵庫県)

酒は灘の純米大吟醸、
山羊ミルクは自家飼育の搾りたて、
米ぬかは無農薬アイガモ農法のもの。

原材料はできるだけ国産の良質なものを使用。伝承の釜焚き製法の石鹸は、「米ぬか石鹸」のほか5品。
コールドプロセス製法では、「柚子」「山羊ミルク」「ピュアオーガニックソープ」「ティーツリー&ホホバ」「神戸酒石鹸」など15 品。
1回使い切りのキャラメル型「旅する石鹸」や、ギフトに最適な「チョコレート石鹸(4個入り/2個入り)も人気。

PRODUCTS - 2018

PRODUCTS - 2017

PRODUCTS - 2014

PRODUCTS - 2013