HOME > お知らせ > 平成29年8月9日 関西広域連合ホームページリニューアル業務に係る公募型プロポーザルの公告について
      

公募型プロポーザルの公告

 

関西広域連合ホームページリニューアル業務について、次のとおり公募型プロポーザルを行うので公告する。

 

平成29年8月9日

                           関西広域連合長  井戸 敏三 

 

1 プロポーザルに付する事項

1.委託業務の名称:関西広域連合ホームページリニューアル業務

2.業務の内容等:委託仕様書による。

3.予定額(上限):初期構築費用 4,800,000(消費税及び地方消費税を含む。)

  運用・保守費用 月額80,000(消費税及び地方消費税含む。)

 

2 プロポーザルに参加する者に必要な資格

この公募型プロポーザルに参加できる者は、次に掲げる要件をすべて満たす者とする。

 

(1)  参加申請書の提出日時点において、次の要件を全て満たす者 ⅰ)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者 ⅱ)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続き開始の申立及び民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続き開始の申立てがなされていない者。

(2)  過去5年度以内(平成24年4月1日以降)に、地方公共団体において告示前日までに完了・引渡しをしたクラウド式のCMSでの「ホームページ作成業務」に関わる契約を締結し、すべて誠実に履行している者。

(2) 関西広域連合構成団体(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県、京都市、大阪市、堺市、神戸市)のいずれかにおいて、平成29年度競争入札資格者名簿に登録されており、かつ入札日において上記構成団体のいずれかによる指名停止を受けていない者であること。

(3)  関西広域連合域内に本社、支社または営業所を有する業者であること。

(4)  暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「法」という。)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)に該当しないほか、

ア 法第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)

イ 法人の役員若しくはその支店若しくは営業所を代表する者で役員以外の者が暴力団員である者又は暴力団員がその経営に関与している者

  自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって暴力団の利用等をしている者

  暴力団又は暴力団員に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等、直接的又は積極的に暴力団の維持運営に協力し、又は関与している者

オ 暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者

  暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれを不当に利用している者

  暴力団及びアからカまでに定める者の依頼を受けて企画提案に参加しようとする者

 

3 プロポーザル実施の日時、場所等

1.実施要領等の交付場所及び問い合わせ先:

関西広域連合本部事務局企画課

 大阪市北区中之島5丁目351号 

  大阪府立国際会議場11F 

06-4803-5587 FAX06-6445-8540  E-mail:webmaster@kouiki-kansai.jp

2.募集要領等の交付方法:

次のファイルのダウンロードまたは1.に示す場所において交付する。

 実施要領pdf/144.5KB 仕様書 pdf/164.8KB プロポーザル審査基準pdf/97.3KB CMS機能要件一覧 xls/48.1KB 
【様式1】参加申請書doc/44KB 【様式2】業務実績報告書doc/61.4KB 【様式3】質問書doc/37.4KB          【様式4】誓約書doc/40.4KB                                                 
   

3.説明会の日時及び場所:開催しない。

4.参加申込書の提出期限:平成29831日(月曜日)1700

5.企画提案書等の提出期限:平成29831日(月曜日)  1700

6.提案書等の提出方法:1.に示す場所への持参または郵送

 

4 審査及び契約予定者の決定方法

1.契約予定者の決定方法:関西広域連合本部事務局に設置する審査会において、あらかじめ定めた評価項目及び評価点にもとづき提出された提案書等の審査を行い、総合点が最も高かった者を当該業務の契約予定者とする。

2.審査会:3名の外部委員をもって設置する。

3.評価項目及び評価点:別添実施要領のとおり。

 

5 その他

1.手続きにおいて使用する言語及び通貨は、日本語及び日本国通貨とする。

2.提出された書類は、返却しないこととする。

3.審査経過や結果へのいかなる問い合わせは応じない。

4.応募の辞退をする場合には、「応募辞退届(任意様式)」を提出すること。

5.本業務へ参加するために要した一切の費用は、参加者の負担とする。

6.次のいずれかに該当する参加申込者は、無効とする。

ⅰ)実施要領等に示した参加者に必要な資格のない者

ⅱ)企画提案参加申込書等に虚偽の記載をした者

ⅲ)誤字又は脱字等により意思表示が不明確な者

ⅳ)参加申込書を提出したにも関わらず企画提案書等を提出しなかった者

ⅴ)その他実施要領等において示した条件等参加に関する条件に違反した者

7.本要領に定めのない事項ならびに疑義が生じた場合は、協議により定める。 

 

  ←お知らせ一 覧へ