HOME > 実施事務の概要 > 広域防災 > 広域防災からのお知らせ > 平成28年9月21日 関西電力株式会社との「安定ヨウ素剤の貸与に関する覚書」の締結について
 

報道発表

平成28年9月21日 関西電力株式会社との「安定ヨウ素剤の貸与に関する覚書」の締結について

  本日、関西電力株式会社と「安定ヨウ素剤の貸与に関する覚書」を下記のとおり締結しました。

                                                                                         記

1 趣 旨
     安定ヨウ素剤(※1)を保有・備蓄する府県市町村※2において、保管場所が被災し使用不能となった場合
     や、住民の安心を図る観点から、UPZ圏外であっても自治体が必要と判断した場合等の対応として、関
      西電力(株)の保有する安定ヨウ素剤の貸与を受けることができるようにする。
  
  ※1 原子力災害時、放射性ヨウ素による甲状腺の被ばくを予防・低減するための医薬品。
  ※2 原子力災害対策指針によると、PAZ(予防的防護措置を準備する区域:概ね半径5km)ではあらかじめ
          住民へ事前配布し、UPZ(緊急時防護措置を準備する区域:概ね半径30km)では地方公共団体が保管・
          備蓄することとされている。

2 概 要
     (1) 原子力発電所の原子力災害時において、住民等の被ばくを防護するために必要な安定ヨウ素剤の貸与
           を受ける場合の基本的な事項を定める。
  (2)対象事案
          原子力施設における事故

3 覚書
  安定ヨウ素剤の貸与に関する覚書pdf/63.4KB   (PDF、70KB)

 

  報道提供資料pdf/56.1KB   (PDF、520KB) 
         

【本発表資料に関する問い合わせ先】

 関西広域連合広域防災局(電話078-362-9806 電子メール)  


 

報道発表一覧へ