HOME > 関西健康・医療創生会議 > 平成28年5月31日 関西健康・医療創生会議 シンポジウム「医療と健康に貢献する人工知能」を開催します
 
  

関西健康・医療創生会議 シンポジウム「医療と健康に貢献する人工知能」の開催

  平成28年5月31日   健康・医療分野を抜本的に革新する「人工知能」をテーマとして、企業の経営者や研究者 をはじめ、アカデミア、行政関係者の参加も得て、その現状や具体的な応用に関するシンポジウムを開催します

 

□ 日 時 : 2016年5月31日(火) 13:30~17:30

□ 会 場 : 国立京都国際会館  アネックスホール

□  主  催 : 関西健康・医療創生会議、NPO法人関西健康・医療学術連絡会

□ 共 催 : 関西広域連合、関西経済連合会、大阪・京都・神戸商工会議所、関西経済同友会

□ 後援(予定):内閣府、総務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省

□ テーマ : 医療と健康に貢献する人工知能

□ 定 員 : 300名  □ 参加費 : 無料

 

□ 参加受付は終了しました

 

□ プログラム

  あいさつ(13:30~13:50)

   関西健康・医療創生会議議長・NPO法人関西健康学術連絡会理事長 井村 裕夫

   京都府副知事 山下 晃正 氏  京都商工会議所副会頭 服部 重彦 氏 

  【基調講演】(13:50~14:30)
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  理事長  末松 誠  氏     
     「AMEDのミッション:Balkanizationの克服による研究開発の推進」

  【特別講演】(14:30~15:00)
    国立研究開発法人産業技術総合研究所人工知能研究センター 首席研究員
                                              本村 陽一 氏 
     「次世代人工知能技術研究と生活分野への応用~AI for Human Life~」
 
    【講演】(15:10~17:30)  ※いずれも仮題
    (株)国際電気通信基礎技術研究所 脳情報通信総合研究所/脳情報研究所
         ブレインロボットインターフェース研究室室長    森本   淳  氏
         「人工知能技術を用いた脳情報・生体信号解析」
 
         京都大学大学院医学研究科附属ゲノムセンター長 教授    松田  文彦 氏
       「ゲノムコホートとヒト生命ビッグデータ解析」
 
         塩野義製薬株式会社   シニアフェロー   坂田  恒昭 氏

     「医療ビッグデータに対する製薬産業からの期待」

   

    日本電信電話株式会社研究企画部門プロデュース担当部長

     医療健康ICTチーフプロデューサー  是川 幸士  氏

     「医療・健康×ICT」 

 

    富士フイルム株式会社  画像技術センター研究主幹  伊藤 渡 氏

     「AI技術による3D画像解析-診断及び治療支援-」

    

    京都大学大学院医学研究科特定教授  奥野  恭史 氏 

     「Precision Medicineを目指した医療ビッグデータ解析とシミュレーション創薬」

   

    ※シンポジウム終了後、名刺交換会(17:40~19:00  会費3000円)を行います。

 

 

     【 問い合わせ先】

   関西広域連合本部事務局イノベーション推進担当

   (電話 078-362-3335 Eメール:sousei@pref.hyogo.lg.jp

 

お知らせ一覧へ