HOME > 実施事務の概要 > 広域環境保全 > 「広域連合委員会」におけるカーボン・オフセットの実施について
    

広域環境保全

 

         「広域連合委員会」におけるカーボン・オフセットの実施について

 

 

 関西広域連合では、低炭素社会づくりの取組の一環として、カーボン・オフセット制度の普及等、クレジットの広域活用について取り組んでいます。

 この一環で、平成27年度に関西広域連合委員会の開催に伴い排出される温室効果ガスを実質的にゼロとするカーボン・オフセットの取組を行いました。

 

                 取組の概要pdf/807.5KB(pdf,789kb)

         取組のカーボン・オフセット宣言について(1回目取組)(環境省HP

                             (2回目取組(環境省HP

 

     (参考)1回目取組のプレス資料(H27.9.24)pdf/209KB(pdf,205kb)

         2回目取組のプレス資料(H27.12.21)pdf/222.2KBpdf,217kb

         カーボン・オフセットの実践(関西広域連合作成チラシ)pdf/263.1KB(pdf,248kb)

 

<参考>「カーボン・オフセット」とは?

 カーボン・オフセットとは、自己の活動による温室効果ガス排出量のうち、どうしても削減で 

きない量の全部又は一部を他の場所での排出削減・吸収により創出された削減量等(クレジット)

を購入してオフセット(埋め合わせ)することをいいます。

 市民や事業者等が主体的に地球温暖化対策に貢献できる手段の一つです。

 

 

                       出典)平成26年度カーボン・オフセットレポート(環境省)

 

        <問い合わせ先>

         広域環境保全局温暖化対策課 tel.077-528-3494

         (滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課)