HOME > 実施事務の概要 > 広域観光・文化・スポーツ振興 > 平成27年12月1日 ~ はなやか関西 関西文化の魅力発信シンポジウム ~伝統×空想×技術-革新してゆく関西文化」の開催について

報道発表

平成27年12月1日 ~ はなやか関西 関西文化の魅力発信シンポジウム ~伝統×空想×技術-革新してゆく関西文化」の開催について

 

 関西広域連合では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック等に向けて、関西は文化で盛り上がるという気運を醸成するとともに、関西で活躍する人材を育成するため、シンポジウム開催業務の企画提案募集を実施しました。
 つきましては、最優秀提案者の企画・運営により下記のとおりシンポジウムを開催しますので、お知らせします。

 

 

1 趣  旨  
   関西が誇る伝統文化と現代日本の象徴とも言えるポップカルチャー、テクノロジーに注目し、関西文化の歴
  史、価値について再発見するとともに、それらの相互作用による新しい文化の創造について考え、関西文化の
  魅力を国内外へ発信するシンポジウムを開催する。

2 日  時
   平成28年1月24日(日)13時30分~16時30分 (開場:13時)

3 場  所
   山本能楽堂(大阪市中央区徳井町1-3-6)
           【大阪市営地下鉄 谷町線・中央線「谷町4丁目駅」下車(4)番出口より徒歩約2分】

4 内  容
  (1)講演:「古き」と「新しき」を包摂する関西文化
     河内 厚郎  氏
     (文化プロデューサー、関西広域連合 はなやか関西・文化戦略会議委員)

  (2)パフォーマンス:新作狂言「勘当息子」 原作 手塚治虫『ブラック・ジャック』より
     大蔵流狂言善竹家  善竹 隆司  氏、善竹 隆平  氏、善竹 大二郎  氏

  (3)パネルディスカッション:Tradition×Imagination×Technology
     コーディネーター:河内 厚郎  氏
      パネリスト:石黒 浩  氏(ロボット工学者、大阪大学特別教授)
            梅若 基徳  氏 (観世流能楽師)
            竹内 オサム  氏(同志社大学社会学部教授、漫画研究家)
            吉田 光華  氏(乙女文楽 光華座 代表)

5 主  催  関西広域連合
     共    催  公益社団法人 関西経済連合会 
     後    援  古典の日推進委員会、歴史街道推進協議会

6 定   員  200名(入場無料)、事前申込(先着順)

7 募集要項 
   応募締切 平成28年1月15日(金)必着
   応募方法 郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、電話番号をご記入の上、Eメール、ハガキ、FAXのいずれか
          でお申し込みください。
   お申し込み・お問い合わせ
     関西広域連合広域観光・文化・スポーツ振興局文化企画課
     (京都府文化スポーツ部文化交流事業課)
     〒602-8570京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
       電話:075-414-4287 FAX:075-414-4223
       Eメール:bunkakoryu@pref.kyoto.lg.jp

8 そ の 他
   文化庁・文化プログラムシンポジウム
   「地域の文化芸術によるコミュニティデザインの観点から、文化プログラムを考える(仮称)」
   (平成28年1月31日(日) 京都市内(予定))と連携して実施。
 
   報道発表資料pdf/99.3KB (PDF、100KB)
   開催案内pdf/1119KB (PDF、1.1MB)

 

 

  【本発表資料に関する問合せ先】

   関西広域連合広域観光・文化・スポーツ振興局
       (京都府文化スポーツ部文化交流事業課 電話 075-414-4239)

  

報道発表一覧へ