HOME > 実施事務の概要 > 国出先機関の事務、権限の移譲 > 琵琶湖・淀川流域対策に係る研究会 > 流域管理シンポジウム - 流域のこれからをみんなで考えるシンポジウム ー を開催しました。
 
  

流域管理シンポジウム  - 流域のこれからをみんなで考えるシンポジウム -

 

平成28年1月29日(金)に、流域管理シンポジウム - 流域のこれからをみんなで考えるシンポジウム - を開催しました。 

 

 

シンポジウム案内pdf/1846.6KB  (PDF: 1.8MB)

 


雨水は、山々から田んぼやまちを流れ、琵琶湖やたくさんの川を経て、
やがて淀川にあつまり、大阪湾に流れてゆきます。
私たちは遠い昔から、流域を巡る水が育む生態系サービス、つまり自然の恵みを受けながら、
そして時に水がもたらす災いをやり過ごしながら、
さまざまな社会・経済活動を営なみ、暮らしを支えてきました。

 
けれど今、恵みをもたらす自然の力は少しずつ失われてきています。
そして、人口減少や気候変動の時代を迎えています。

 
このシンポジウムでは、このさきもずっと流域の恵みを絶やさず、
災いをやり過ごし、暮らしを守っていくためにどんなことができるのか、
みんなで考えていきます。



 ※このシンポジウムで話し合った内容は、琵琶湖・淀川流域対策に係る研究会での議論に反映していきます。

 

1  日  時 
     平成28年1月29日(金)  午後1時 ~ 午後4時30分

 

2  場  所 
     グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場) 10階 1001~1002会議室
     (大阪市北区中之島5-3-51)
 

3  プログラム
   (1) 開会挨拶
   (2) 基調講演  「琵琶湖・淀川流域の発展 とこれからの治水」
         中川 博次 (京都大学名誉教授)
   (3) 特別講演  「生態系サービスと流域マネジメント」
         中村 正久 (滋賀大学環境総合研究センター教授)
   (4) パネルディスカッション 流域の暮らしと文化、そしてこれから
         進行
                  嘉田 由紀子  (びわこ成蹊スポーツ大学学長、前滋賀県知事)
         パネリスト
                  秋葉 芳江 さん   (Office SPES 代表、京都市ソーシャルイノベーション研究所)
                  戸田 香 さん   (神戸大学大学院法学研究科(政治学) 博士後期課程、朝日放送(株) 総合ビジネス局)
                  横山 あおい さん  ((有)エイライン代表、NPO法人人と自然とまちづくりと 理事長)
                  山口 美知子 さん  (東近江市役所 森と水政策課)   ※ご欠席

 

4   配布資料   
      

      1) ハンドアウト  1/3pdf/8346.4KB(PDF: 8.5MB)    2/3pdf/3581.1KB(PDF: 3.6MB)    3/3pdf/5692.1KB(PDF: 5.7MB)

      2) ガバナンスの実現に向けて - 琵琶湖・淀川流域対策に係る研究会での議論pdf/1647.9KB (PDF: 1.7MB)

 

5   議事概要 

      シンポジウム記録集pdf/498KB (PDF: 500KB)

 

6   問い合わせ
      関西広域連合 本部事務局   地方分権対策課
      電話 06-4803-5674    電子メール biwako-yodogawa@kouiki-kansai.jp

 

お知らせ一覧