HOME > 実施事務の概要 > 広域職員研修 > 平成26年10月20日 平成26年度「政策形成能力研修」を実施しました!!

 

 

平成26年度「政策形成能力研修」を実施しました 

 2府4県4政令市(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、徳島県、京都市、大阪市、堺市、神戸市)の30歳程度の若手職員を対象とした、「政策形成能力研修」を実施しました。

 受講班を2班に分け、第1班は平成26年8月25日(月)から8月27日(水)まで、第2班は平成26年9月30日から10月2日のそれぞれ3日間、大阪府堺市のJ-GREEN堺ドリームキャンプにて「都市と農山村の交流・協働」をテーマに政策立案演習を行い、延べ65名が受講しました。 

 研修においては、東京大学名誉教授の大森彌氏から公共政策概論を、和歌山大学観光学部副学部長の藤田武弘氏からはグリーンツーリズムなど都市と農山村の交流・協働についての講義を受講しました。また、関西広域連合広域産業振興局農林水産部の取組について、農林水産部次長の鎌塚拓夫が講義を行いました。

 さらにフィールドワークとして、研修期間中のいずれか1日に、生産・加工・販売の一貫した(6次産業)農業経営を営み、農園レストランの先駆けである「農園 杉・五兵衛」を訪問し、日本の農業の現状や6次産業化の取組などについて、園主のノ島五兵衛氏(※)から貴重なお話しをいただきました。

 その後、講義・フィールドワークの内容を参考に、様々な出身団体で構成されたグループに別れ、講師の御指導をいただきながら政策立案演習を行いました。受講者同士で活発な議論を交わしながら、各グループで政策案をまとめ上げ、研修最終日に発表を行いました。

  

 

1.研修会場

  J-GREEN堺ドリームキャンプ (大阪府堺市堺区築港八幡町145番地)

 

2.研修講師

  大森 彌 (おおもり わたる)氏   東京大学名誉教授

  藤田 武弘(ふじた たけひろ)氏  和歌山大学観光学部副学部長

  鎌塚 拓夫(かまつか たくお)氏  関西広域連合広域産業振興局農林水産部次長

 

3.フィールドワーク

  農園 杉・五兵衛 (大阪府枚方市杉責谷1-951)

   講演・案内  園主 ノ島 五兵衛(のじま ごへい)氏(※)

 

  (※) ノ島氏の「ノ」は、左上「田」、右上「又」、下「土」

    

 

 【政策形成能力研修の様子】

・グループワーク 

  

 

・フィールドワーク(ノ島氏講演、農園見学の様子)

 

 

・政策案発表