HOME > 告示・入札 > 平成26年10月23日 関西広域連合循環型社会づくりシンボルロゴマーク作成業務委託公募型プロポーザルの公告について
      
 

公募型プロポーザルの公告

   関西広域連合として新たに「循環型社会づくり」に取り組むにあたり、シンボルとなるロゴマークの作成について、次のとおり公募型プロポーザルを行うので公告する。

 

 平成261023日                                                                                                      関西広域連合長 井戸 敏三

 

1 プロポーザルに付する事項

 (1) 委託業務の名称:関西広域連合循環型社会づくりシンボルロゴマーク作成業務

 (2) 委託業務の内容:「関西広域連合循環型社会づくりシンボルロゴマーク作成業務
                       委託公募型
プロポーザル募集要領」(以下「募集要領」という。)
                       のとおり

 (3) 委託期間   :契約日から平成27331日まで

 (4) 予定価格(上限):848,000(消費税および地方消費税を含む。)

    なお、報償費(謝金・賞金)200,000円、住民等による投票のための資材印刷費
  
(200,000円程度)については、関西広域連合が直接相手方に支払う経費として
  別途
予算あり。また、住民等への周知や投票場所の設置等については、
  構成府県市の
可能な範囲で協力を行う。

 

2 プロポーザルに参加する者に必要な資格

  この公募型プロポーザルに参加できる者は、次に掲げる要件をすべて満たす者とする。

   (1)  構成府県市内に事業の拠点(本店のほか支店、出張所等を含む)を有する者であること。

  (2)  代表者および役員に破産者および禁固以上の刑に処せられている者がいる企業等でないこと。

  (3)  会社更生法および民事再生法等による手続きをしている企業等でないこと。

  (4)  地方自治法施行令(昭和22年政令第16)167条の4に規定する者に該当する者でないこと。

  (5)  構成府県市から入札参加資格停止の措置を受けている者でないこと。

  (6)  構成府県市の地方税、消費税および地方消費税を滞納している者でないこと。

  (7)  次のいずれにも該当しないこと。

   ① 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77条。以下この号において「法」という。)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)

   ② 法第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)

   ③ 暴力団または暴力団員と密接な関係を有する者

   ④ 役員等(公募型プロポーザルに参加する者の代表者もしくは役員またはこれらの者から関西広域連合との取引上の一切の権限を委任された代理人をいう。)に暴力団員または暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有する者がいる法人

   ⑤ 入札に参加する個人から関西広域連合との取引上の一切の委任された代理人が暴力団員または暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有する者である場合における当該個人

   ⑥ 暴力団員または暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有する者がその経営に実質的に関与している個人または法人

  (8)  本業務の遂行に係る関係者等との連絡、調整、打合せ等を円滑に行い得る能力を有していること。

  (9)  参加申込書を提出した者であること。

 

3 応募の手続き

 (1) 募集要領および提案書様式
   次のファイルのダウンロードにより交付する。

     募集要領および提案書様式doc/37.1KB (WORD,37.1KB)

  (2) 参加申込書の提出期限:平成26年11月 7日(金)午後5時15分まで

 (3) 提案書の提出期限  :平成26年11月14日(金)午後5時15分まで

 (4) 提出方法      :来庁または簡易書留郵便による郵送

 (5) 提出・問合せ先   

  520-8577 滋賀県大津市京町四丁目1番1号
関西広域連合広域環境保全局(滋賀県琵琶湖環境部循環社会推進課内)
                           担当:目片、大西

  TEL 077-528-3472  FAX 077-528-4845  E-maildf00@pref.shiga.lg.jp

 

4 審査および受託候補者の決定方法

 (1) 受託候補者の決定方法:

        関西広域連合広域環境保全局に設置する審査会において、あらかじ定めた評価

      項目および評価点に基づいて提案書の審査を行い、最も高得点を獲得した者を受託

      候補者とする。

  (2) 評価項目および評価点 :募集要領のとおり 

 

5 その他

  (1)  関西広域連合は、受託者が業務の実施にあたり上記項目に反した場合には、契約金額の一部ま

     は全部を返還させる権利を有することとする。

    (2) 手続きにおいて使用する言語および通貨は、日本語および日本国通貨とする。

    (3) 提案書等の作成、提出等に関する費用は提出者の負担とする。

    (4) 提出された提案書等の提出書類は返却しない。

   (5) 受託者は、本業務の全部を第三者に再委託してはならない。ただし、書面により関西広域連合
      の承
諾を得た場合はこの限りでない。

    (6) 本業務を実施するにあたっては、必要な関係法令を遵守するものとする。

   (7) 本業務の遂行上知り得た事項を他人に漏らしてはならない。ただし、関西広域連合の承諾を
    得た場
合はこの限りでない。

   (8) 受託者は、関西広域連合より業務途中の報告を求められた場合は、速やかに報告を行うものとす 

       る。

   (9) 本業務を遂行する上で疑義が生じた場合は、速やかに関西広域連合と協議するものとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←お知らせ一覧へ