HOME > 実施事務の概要 > 広域環境保全 > 広域鳥獣保護管理(カワウ対策)の取組み
    

 

広域鳥獣保護管理(カワウ対策)の取組み

 

1.関西地域カワウ広域保護管理計画の策定について

 

 府県境を越えて移動し関西各地で被害を及ぼしているカワウについて、広域的な視点にもとづいた取組みを推進するため、関西地域カワウ広域保護管理計画を策定しました。

 

 ・関西地域カワウ広域保護管理計画 本文 pdf/515.7KB (PDF、0.5MB)

 ・関西地域カワウ広域保護管理計画 巻末資料 pdf/650.1KB (PDF、0.7MB) 

 ・関西地域カワウ広域保護管理計画 概要版 pdf/309.8KB (PDF、0.3MB) 

 

【計画のポイント】 

 

(1)広域的な調査及び情報の収集・とりまとめならびに先進的な取組みの試行をおこない、得られた知見を元に各地域における対策の方向性を示すことにより、地域毎の取組みの推進を図ります。

 

(2)取組みは①モニタリング調査および②カワウ対策の推進を基本とし、順応的管理をおこないます。

 

 関西地域カワウ広域保護管理計画 

 

 [参考]パブリックコメントの結果・内容

 

2.カワウ生息動向調査について

  カワウの生息数、営巣数、繁殖状況、移動状況等について、平成23年度から関西広域連合が統一的な調査を実施しています。調査結果については、随時掲載予定です。

カワウ生息数の推移(平成26年12月現在)pdf/157.6KB

※必ずしもすべての府県で同じ月に調査をしているとは限りません。

・カワウの分布(上:平成26年夏、下:平成26年冬)

 

 

ページトップへ ↑